AsciiDoc の良さと、 pandoc の弱点

簡易な文書整形規格がいくつか在る。 一部の人は「軽量マークアップ」なんて呼んでいるが、その言葉は意味が判らない

簡易文書フォーマットで有名なものに、 Markdown が在る。 GitHub でも標準的になっているフォーマットだ

成程、Markdown は、markup をしない、つまり、線形に先へ先へと書けるため、記述を阻害されにくい。 例えば

        <h1>みだし<h1>

        <a href="https://github.com/">https://github.com/</a>

と書くのを

        # みだし

        <https://github.com/>

と書くので、後処理をしないで済む

Markdown の特徴は、少機能なことであり、これは pros でも cons でもある

Markdownに対して、多機能で論文向きなものに reStructeredText が在る。 ほら、複雑怪奇で憶えづらく書きづらい(笑)。まず、名が良くない。 特に厭なのは、ハイパーリンクだ

        `reStructeredText <http://docutils.sourceforge.net/rst.html>`_.

なんだよ貴君は(笑

そうしているうちに、 AsciiDoc を知った。 DocBook程では無いが、簡易的な書籍作成フォーマットになるらしい。 オライリーも採用しているらしい

        == みだし

        http://asciidoc.org/index.html[AsciiDoc]

        https://github.com/

となる。 生URLが自動的にリンクされる


ところで、 GitHub 内のエディタも、固定ファイルのウェブサイト生成器の Nikola も、AsciiDoc と対応している。(Nikola は、プラグインの追加が必要で、このプラグインと関連していくつかのソフトウェアの追加インストールも必要だ。GNU Source-highlight とか。 ) Nikola は、このサイトでも採用している。

それに対して、 Hakyll も私は利用している。 Hakyll はライブラリで、 Haskell でコーディングすることでやりたいようにウェブサイトを生成し得る。そのため、Haskell で書けないと困るわけだけれども。

その Hakyll は、フォーマット変換に Pandoc を利用している。 で、 Pandoc は、出力では AsciiDoc でも書くが、入力で AsciiDoc を読めない 。 ということは、Hakyll では、改造しないかぎりは AsciiDoc 非対応のようだ。

Pandoc は対応フォーマットが多くて、「スイス陸軍のアーミーナイフ」と比喩されているくらいなのだが。 実際に、TeXも ODT も、PDF も DOCX(笑)も書き出せるくらいなのだが。 残念だ。 改良することができないだろうか……


これに関連して、wjn-overlay に、

  • app-text/asciidoc-gtksourceview

  • app-text/markdown-gtksourceview

を追加した。 gedit や pluma のような gtksourceview を利用可能なエディタ用の、 ハイライト機能。

公開日時:

wjn's repos' info.

  Japenese , English