N3700Mに買い換えた

そろそろ震災から5年になり、原発も収束していない。 だが舌の根も乾かぬ内に省電力のことなんかとうに忘れているジャップの様相である。 SoCオンボードも一時期は多数があったように思うが、今は少ない気がする。 そもそも所謂「自作市場」が縮小した(景気が底無しに悪化している)からだと思う

というのも、M/B を MSI J1900I から ASRock N3700M に換えた。 選択肢が ASRock 以外に無かった。 ASRock の M/B で CPU は Intel の Braswell でないと入手不可能だった

Intel N3700 は、4コアで、Pentium ブランドの Atom プロセッサだ。 コードネームは Braswell である。 Intel は、同じ Braswell でも下位モデルは Celeron ブランドで売っている

ASRock の N3700M は、 MicroATX の方だ。

RAM は DDR3 又は DDR3L の、フルサイズの DIMM 対応(最大8GB×2)である(MiniITX 版と異なり、SO-DIMMではない)。

DVI-D(〜1920x1200)/HDMI(〜3840x2160@30Hz/〜2560x1600)/D-Sub(〜1920x1200だが実用的ではないのでやる人は殆ど居ない)、3つ同時使用可。

USB3.0/2.0、ギガビットイーサネット(RTL8111GR)、オンボードサウンド(Realtek ALC887)。 USBは、背面に各2個ある、基板上の端子に接続するとさらに2/4個増設可能である(ケース付属のだとかフロントベゼルだとか要る)。 SATA3.0が2個。PCI Express 2.0 スロットは3個、上段と下段が1倍で、中段が16倍(だが、この M/B に 高性能グラフィックスボードを挿す人はどのくらい居るのだか。おそらく SSD 等を挿すのだろう)。

基板上には、パラレル(LPT)と、シリアル2個の端子がある。また、使わないと思うが、TPM(Trusted Platform Module)端子もある。 ついでに言うと、ファンのコネクタも2つあるが、パッシヴヒートシンクのファンレスなので使わなくてもいい。 拡張性が高いので、M/Bの消費電力はそれなりにあると思う

N3700 のクロック周波数幅は、 480 MHz - 2.40 GHz に(J1900 Baytrail-Dより)広がっている。 下が 480 MHz という低さだから、アイドリング時の消費電力は少なく、低発熱だ

N3700M の映像出力は DVI-D/HDMI/D-Sub の3本だが、内部的には HDMI1/HDMI2/HDMI3 であるらしい。xrandr でそう表示される。 aplay -l でも、 HDMI 0, HDMI 1, HDMI 2 が表示されるのだが、DVI や D-Sub に音声出力は無い

M/B 上のデバイスが増えてしまったので、 Linux カーネルで有効にする項目が増えてしまった。 もっとも、パラレルだとかシリアルだとかTPMだとかGPIOだとか私は使わないので無効のままでもいいのだが

Intel の人も言っているが、CPU governor は原則として powersave で足りる。 バッテリ駆動をやるならば conservative も有り得るが。 (ちなみに、Linux カーネル自体には performance/ondemand/powersave/conservative/userspaceの5種類有る。) powersave だと、高負荷時は最高速度になるし、アイドリング時には最低速度になる

MSI J1900I と比べると、 J1900I は機能がいくらか差し替えられていたり、不可解な動作をすることがあった。 例えば USB キーボードからはスタンバイからの復帰が不可能だったりしたが、 この支障は N3700M には無い

N3700M の総評を言うと、パラレルやシリアルや TPM という要らないであろう端子があるのがムダなものの、 PCI Express は3本あるので、拡張には余裕が有る(eSATA だとか RAID だとかで挿す人は居るだろう)。 DIMM はフルサイズなのでSO-DIMMより廉価で(パーツショップでは)より入手しやすい(残念ながら DDR3/DDR3L迄で、DDR4ではないが)。 (3Dゲーマーや動画エンコードには向いていないものの)大概の用途にはこれで足り、 電力消費のムダが少なくなるだろう

公開日時:

wjn's repos' info.

  Japenese , English