AzPainter と AzDrawing の ebuild を追加

AzPainter と AzDrawing はかつて、 Windows用のオンライン無償ソフトウェアのペイントツールとして、 かなり有名だった。 ちなみに、「pixiv百科事典」にも載っている

筆圧感知機能がありペンタブレットの使用に対応している。

GIMP(やAdobe Photoshop)が馬鹿ほど重いのに比べて、阿呆ほど軽量だ(笑)。

AzPainterは、いわゆるアニメ絵を描くのに最適だと思う。 AzDrawingは、漫画や、アニメ絵の下絵として、いわゆる線画を描くのに適している。 つまりは、筆圧感知があるので、いわゆるGペンみたいな浸けペン感覚があるのだ。 こうしたソフトウェアは、GNU/Linuxには今までなかなか無かったと思う。

余談だが、tarballにはまだ、 configure(やautogen.sh)が無いので、一瞬呆然とした(笑)。 Makefile を編集する必要がある。もちろん、それに対応した ebuildファイルを書いた。

ちなみに、 Arch Linux 方面では既に、 AUR に PKGBUILD がある。 ただ、 mkdir -p _obj/azxc しないとg++が失敗しませんか?

公開日時:

wjn's repos' info.

  Japenese , English