GentooでのCPU機能対応が USE から CPU_FLAGS_X86 に替わった

eselect news で既報の通り、CPU 機能の指定が、USE フラグから CPU_FLAGS_X86 に移行をし始めている。 具体的には x86 (x86_32) か amd64 (x86_64) アーキテクチャのときに対応が必要だ

例えば USE="mmx mmxext sse sse2 sse3" は CPU_FLAGS_X86="mmx mmxext sse sse2 sse3" になる。 通常は /etc/make.conf に書く

但し重要なこととして、今は過渡期であるため、USE フラグでの指定も当面は残すことを要する(一年位か、必要なパッケージが全て移行済になるまで)。

利用可能なCPU機能は cat /proc/cpuinfo で調べられることは既に良く知られているが、 利用可能なCPU_FLAGS_X86を直截的に表示するヘルパスクリプトが既に出されているので、emerge すれば良い ( app-portage/cpuinfo2cpuflags )。これは簡単なPythonスクリプトだ

なおこの事に関連して先日から、移行ラッシュが始まっており、フラグ変更に伴う再ビルドが多数要求されている

公開日時:

wjn's repos' info.

  Japenese , English