Gentoo を選ぶべき用途

Planet Gentoo にも配信されている記事 http://dberkholz.com/2015/01/13/gentoo-needs-focus-to-stay-relevant/ に、Gentoo の存在意義、つまり Gentoo を選ぶにふさわしい用途のことが簡潔にまとめられている。

  • ソフトウェアを製作するためのマシン
  • 組込み用などのための極度の最適化
  • GNU/Linux 等の学習用

あまりに簡潔で、何も云うことが無い(笑)。

ソフトウェアを自らビルドしなければならない用途では、 出来合いのバイナリでは無く最初からシステムをビルドする前提の Gentoo は、 必要な environment を自ずと組める。 Debian や Fedora では、まず手始めに apt-get install build-ettentials しろとか云われるから笑い草だ。そのうえに、 yum install なんたら-dev とかするわけで、なにせ、ランタイムのようなライブラリ以外はデフォルトでは入っていない。 リポジトリに入っていないものも多い。Gentoo は公式でも対応幅が広いうえ、無ければ ebuild を書いたら同じパッケージマネージャで管理しうる。

Gentoo は、そもそものカーネルからコンフィギュアする前提だ。 まあ、解らなければ、genkernel や、インストレーションディスクからコピーという逃げも可能だけれども。 カーネルを一からビルドするから、ハードウェアに合わせてスマート化しうる。 Ubuntu みたいな(モジュールを合わせて)肥大なカーネルを押し付けられることは無い。

OSの学習用として観たときには、LFS (Linux from Scratch) というそもそもディストリビューションではない手順書が最も深いのだが、作業が煩雑な上に(もう幾つも寝るほど時間がかかる)、パッケージマネージャが無いので自らノートでも録って管理する必要がある。 Gentoo の ebuild は結局はインストール作業を書いてあるシェルスクリプトであるから、 emerge するだけならば簡単だが、探究すれば奥が深い。

公開日時:

wjn's repos' info.

  Japenese , English