Miguの合成フォントと、Mplusの改変フォント

IPAフォントやM+フォントは有名で、その合成である Migmix や Migu も有名だよね。 gentoo リポジトリには既に MigmixとMiguは入っている( media-fonts/mix-mplus-ipa )。 無論、IPAフォントとM+も入っている。

こういうのは、 eix -C media-fonts [query] でもすると探しやすい。

さて、wjn-overlay に 何時間も前に git push しておいて今更なのだけれど Miguフォントには、バイナリで配布することができない合成フォントがある。 Migu 1VS, 1BT, 2DS の3つで、それぞれDejaVuSans、Bitter、DroidSans を混ぜてあるので、VS,BT,DSだ。

これを emerge するための ebuild を書いた。 「Migu 1VS/2DSフォントを手元で合成する方法」 に書いてあることをもとに、自動的に行えるようにした ebuild なだけだけれどね。

それと、M+ベース(not IPA-fonts)のフォントで、Migu フォント合成前の改変したM+フォントである Circle M+、ビットマップフォント風のPixelMplus、丸ゴシックのRounded M+という3つがある。 そして、Rounded M+ には、改良版 もある。

それで、Circle M+, PixelMplus, 改良版のRounded M+ のそれぞれの ebuild も書いた。

公開日時:

wjn's repos' info.

  Japenese , English