GitHubを止めた

GitHubを止めた 。 (この記事はイングリッシュでは書かないが、)嫌がらせを受けたからだ。 なんで「逆ギレ」をされるのか解らん。陰湿だ

怖い

逍遥した挙句に、Bitbucketにとりあえず移し、GitHubのアカウントを消すことにした

maintainance の余裕がないので、 wjn-overlay もバッサリと縮小した

私はまだ自覚が足りないのだ。迫害されている現実をもっと受け止めて、社会から可及的強度に隔絶しなければならない

GitHubの特徴に、プライバシー意識の低さが在る。 それは、SNSとしての特徴の源泉であり、SNS(や電話等)特有の critical mass / クリティカル・マスという性質によって、GHは爆発的に拡がった(かつてのミクシィと同様だ)

特に、プログラムは道具であり、必要に応じた改変の概念が有る。著作性よりも技術性が高い。だから、フリーソフトウェア(解放ソフト)という発想も馴染み、文芸・絵画・音楽のSNSと異なり、改変し合う習慣が根付いているのだ

そもそものGit等の属人型VCSもクリティカル・マスだ。同じVCS規格のリポジトリを互いに手元に置かなければ役に立たないので、「携帯電話」と同じような性質が在る。 Gitが(Linux用に造られたことでユーザが多くなるから)トップに至れば、Hg(水銀)やバザールはあまり広まらず、大差が開く

しかし、ミクシィにせよGHにせよ、Twitter(チッター)などにせよ、プライバシー意識が低く、むしろ蔑ろにすることで成立している。 こういうプライバシー砂漠は、凡人は埋もれて平気だが、 私のような特別な生物は居るだけで迫害されるコースだ。 私はもっともっと学習して、人間社会を遺棄しなければならない

さて、gh.asis.li だと gh はおかしいので、そのうち変えるかもしれない。 repo.asis.li/wjn-overlay は判り易くなった気がする

公開日時:

wjn's repos' info.

  Japenese , English