ゾクゾク Paludis の遣い方

Exherbo や Gentoo 互換ディストリビューションのパッケージマネージャである Paludis について。

以前にも書いたけれども、おそらくどっか間違えがある気がするけれども、一般私人のブログだし、 そもそも Paludis や Gentoo の日語の情報自体が少ないので勘弁してほしい

Paludis は Portage や Pkgcore に比べて、とても注意深く精査し、エラーを表示して止まる。 勝手に吃驚するようなことをやらないようになっている。 エラーが出て進めないのでイライラすると思う

オプションを指定して明示的にやらせれば進めることは多い。 管理者自身が「やれ」と明示したら、Paludis はやる。 あくまでもPaludisは、勝手にやらないだけのことで、明示したら「自己責任」なので、やる

エラーの多くは、 dependency 関連だ。

「それを更新したり削除したりしたら、 dependent が動くなるかもしれない」

所謂「依存」の先(equery d で出るような奴)が動かなくなるやらない、ということ

"uninstall may break" という現象。 これは -u オプションで dependent のパッケージを指定する。 -u '*/*' ってワイルドカードでやると全無視

アップグレードの際には、 dependent 側は旧バージョンを利用しているので壊れるという意味だから、 uninstall-may-break か permit-downgrade しろと言われる。 後者はアップグレードをしないということなので、それはちゃう、と思うと思われる(笑

アンインストールの際には、 dependent までアンインストールするという恐ろしい(笑)オプションの --remove-if-dependent もあるけれど、そんなん滅多にやらへんと思うと思われる

エラーが云う通り、 break するかもしれないので、気をつけてやりましょう。 単なるアップグレードの際は、break したパッケージを再インストールすれば動くことが多い

例えば旧バージョンのカーネルソースを削除する際に cave uninstall gentoo-sources:4.1.5 -u virtual/linux-sources みたいにやる

これも depend だからインストールしないといけない、けど、やりたくない(無視したい)

所謂「依存」の元(equery g で出るような奴)もインストールしろ、ということ

オプションの -0 で無視させられる。しかしそうしてインストールしたらおそらく動かないだろう。 ただ特殊な事情や、一時的にインストール等をして直ぐ後で解決するということもあると思われる。 そんときに使う

インストールとアンインストールを同時にしたい

アンインストールは通常 cave uninstall でやる。 しかし、インストールとアンインストールを同時に指定すればエラー無しなのに、ということが少なくない

アンインストールは、パッケージ名(atom)に ! を付けて否定すればやれる。 シェルでは ! は特殊な文字なので、エスケープも必要。バックスラッシュやクオーテーションで。

総合すると例えば、 cave resolve \!gentoo-sources:4.1.5 -u virtual/linux-sources てなる

atom の話

Portageなどと共通だけれども、パッケージを指定する際の atom の話

厳密には、 =category/package-version:slot::repository の形式なのである。 等号は特殊文字なので、シェルではエスケープも必要。 コロンが1個のあとはスロット、2個のあとにはリポジトリ名なのである

Paludis では、インストール済みのパッケージは installed という(概念上の)リポジトリに入るので、 総合すると例えば、 cave resolve '!=gentoo-sources-4.1.5:4.1.5::installed' -u '=virtual/linux-sources-1:0::installed' みたいになる。腹痛いかもしれないけれど

腹痛いからこれをバッサリ省略して、パッケージ名だけで操作することが多い。 だが厳密なところを知っていないと、意図しないバージョンがインストールされたり、 そのオーバレイから入れてほしいのに、ということになってしまうから、知っておくべきである

公開日時:

wjn's repos' info.

  Japenese , English