uim の Qt5 対応

gentoo リポジトリの uim は、Qt5 に対応していない。 qt overlay には app-i18n カテゴリがない。

IMのQt5対応は、 qtgui:5 USE="ibus" を除き、取り漏らされている。

uim を Qt5 対応でビルドするための ebuild ファイルをアップロードした。

実際にテストしてみたところ、Qt5 には GitHub に置いてある最新版でないと対応していないことが判ったので、uim-9999.ebuild を書いた。 Qt4 と Qt5 との両対応が可能なことも確認したが、動作に支障が出ないかは保証ができない。

とりあえず、uim は酷いことが判った。コンパイルするのが難しい。様々な修正を加えて直した。

IMは、Fcitxの一択なのではないか。

公開日時:

wjn's repos' info.

  Japenese , English