Gentoo における zsh の設定ファイル

zsh では、グローバル設定ファイルの置き場はデフォルトでは /etc 直下だ。 /etc/zshenv だとか、 /etc/zshrc だとかに置けばよい

ところが Gentoo では、 /etc/zsh 以下に変更されている。

しかも、 /etc/zsh/zprofile も勝手にインストールされる。 これは大きなお節介というもので、インタラクティブシェルは思い通りに動くのに、 ログインシェルになると設定が勝手にされているという迷惑な現象が起こってしまう

だから、全て己の設定を注ぎ込みたいときは、 /etc/zprofile を変更してしまうか、 グローバル設定置き場を別途に作って /etc/zsh/zshenv で ZDOTDIR に export すればよい

今でもターミナルエミュレータが有るから良い

フリーソフトウェアを解っていない不肖の人の哀しい姿 http://discourse.ubuntu.com/t/why-are-we-still-using-a-dos-prompt-in-linux/1769

言うまでもなく、LinuxはOSではないし、「DOSプロンプト」ではなくターミナルエミュレータだ

ディストリビューションは、OS或はそれに相当するものとして配布がされている。 このうち、 Ubuntu はインストーラも、Unity も、GUIである。 パッケージマネージャのフロントエンドも GUI だ

さて、「DOSプロンプト」というのは、MS-Windows (或は OS/2 か?)の価値観の下で CLI を obsolete と決め付けられた帰結だ

GNUにおいて、ターミナル(CLI)は obsolete ではない。 電子計算機、コンピュータというのは、プログラミングを行って使うものだ。 それがそもそもの原則である。

CLI を使用しないにも拘わらず自らの OS に熟知可能なシステムを創るには、文字を用いないプログラミング手法を創作し、システム設計をおこなう必要がある

それに対して、 MS-Windows 等といったものは、いわば「使い方を知らないのに刃物を持っている」ようなものである。実際に今や、研ぎ方を知らないのに包丁を持っている人や、電気機械でないと鉛筆を削れない人の方が多い。 プロプライエタリ化というのはそういうことで、全て用意されている通りにしかやれないという愚民化だ

ともかく、文字を用いないプログラミングは発展途上であるが、PMSにも、Gitにも、ファイル管理にも、GUIフロントエンドは在る。 ディストリビューションの選択次第だが、 Ubuntu は CLI が無くても殆どのことがやれるようにはなっている。 だが、プログラミング自体は文字で、しかも ASCII で行われることが殆どである。 つまり、 コンピュータが CLI から離れられない理由は、プログラミングが文字言語で行われるからである

これは、 GNU のせいでも Linux のせいでもない。 フリーソフトウェアの世界はコンピュータの世界で、 Windows は取扱説明書すら読まない家電の世界である。 プログラミングを手話か何かでモーションキャプチャでやれば、CLIでない方法でやれる。 だがおそらく、情報交換はもちろん意思疎通ですら数千年経ってもその多くを文字に頼っている現状であるから、プログラミングに文字を無くすのは困難だろう

Windowsでコンピュータの魔界が広がります。

libkkc を追加

libkkc 関連の ebuild ファイルを wjn-overlay に追加した

  • libkkc (変換エンジン)

  • libkkc-data (辞書)

  • fcitx-kkc (Fcitx 対応)

  • ibus-kkc (iBus 対応)

libkkc-data のビルドには、辞書生成のための時間が多少かかる

libkkc-data があっても、単漢字変換には skk-jisyo も必要である

libkkc 関連のリポジトリの配置が判りにくい。 libkkc の最新版は GitHub にある。 libkkc-data は BitBucket からダウンロードする。 Gitoriusのリポジトリは旧い

ibus-kkc は作者同じだが、fcitx-kkcFcitx の作者が作っている

wjn's repos' info.

  Japenese , English